<< 2010年度 医学展写真 | main |

スポンサーサイト

  • 2011.06.16 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


医学展2011 1日目

お疲れ様です、M田@医学展'09-'10です。
例の如く、本日もずっと顕微鏡とお付き合いをさせていただいていた私ですが、合間の時間に行って参りました、医学展。
本日は、その様子をほんの少しだけ紹介させていただきます。

先ずは、医学展の準備が完了した様子です。
早くもお客さんが入って何かの検査を受けられているようです。
血圧測定でしょうか?

逆側ではプレユニ担当のK君が綿菓子を持ちながら準備中。
因みに、この綿菓子は彼が所属する吹奏楽部の出店で売っているようです。
医学展のお越しの際は、是非こちらもお立ち寄り下さい。

その吹奏楽部の出店に向かう渡り廊下に、ポスターがずらっと並んでおります。
向かって左側は国際医学生連盟(IFMSA:イフムサ)の中の団体、性と生殖・エイズに関する委員会(SCORA:スコラ)から提供していただいたポスターです。
性感染症や性同一性障害など、なかなか人に訊けない、もしくは、耳にしたことはあるけれど、イマイチピンと来ないと言った話が分かり易く説明されています。
尚、逆側にはM田の提供したポスターがこじんまりと掲示されております。

そして、始まりました、本日初のプレユニです!
テーマは昨日も紹介致しました「生活動作(ADL)」についてのお話。
実際には、もっと簡単に「作業療法士(OT)ってどんな仕事だろう?」と言う、とても分かり易く丁寧なお話でした。

簡単なレクチャーの後は、実際に作業療法学科の学生が使ったり作ったりしている器具を紹介しながら、実際にどのような仕事なのかを楽しく学べました。
同じようなケガだったとしても、障害の出方や程度など、人によって症状は様々です。
中にはとても軽く済む人もいますし、症状のひどい方もいらっしゃいます。
そう言った症状によって日々の生活が邪魔されてしまうのは非常に悲しいことです。
そんな1人1人の異なる問題に対応して、生活の質を高めていくのが、作業療法の役割と仰っていました。

具体的な仕事内容として、リハビリは欠かせません。
実際に、リハビリをすることで症状がとても良くなる方もいらっしゃいます。
しかし、中にはなかなか回復しない症状もあることも、認めなくてはならない事実です。
そう言った、なかなか回復しない症状は、その人に合った「道具」を使うことで解決します。
例えば、こちらの写真では、手がうまく動かなくなった方でも、簡単に字が書けるような道具や、マメのようなとりづらい物でも簡単にとれるお箸などが紹介されています。

この他、本日は同じくプレユニで「消化の仕組み」と言った話がありました。
残念ながら、こちらは本日見に行けなかったのですが、次回、また、見に行きたいと思います。

さてさて、そんな訳で大盛り上がりの気配の医学展ですが、明日からはいよいよ標本館一部一般公開がスタートです!
こちらは事前に登録が必要になりますので、早めにご確認いただければと思います。

それでは、明日も札幌医科大学第61回大学祭 医学展を、どうぞよろしくお願いします!

スポンサーサイト

  • 2011.06.16 Thursday
  • -
  • 20:05
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント

さみしいとき
あるよね
http://0vho9l9.t.monju.me/0vho9l9/
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
sponsored links
今週の札幌は...?
今日は月が見れるかな?
fxwill.com
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM